口コミ過敏症に注意


くらしのマーケットでは、予約をしたお客様が口コミを投稿できる仕組みになっています。

個人の主観や感想を共有することで、他のお客様が比較検討する時の参考にしてもらうのが目的です。

健全なサイト運営のため、ガイドラインを設けて、明らかに違反するものは削除/修正していますが、

満足した内容はもちろん、不満だった内容も投稿していただきたいと考えています。


口コミは十人十色

当然のことですが、口コミは個人の主観や感想なので「十人十色」です。

どんなに素晴らしいサービスを提供していても、それがすべての人にとって完璧とは限りません。

ちゃんと作業をしていても、件数が増えれば、ネガティブな評価も必ず出てきます。それが、口コミです。

口コミは「お客様の喜びの声」ではなく、あくまで「口コミ」であるということを、理解しましょう。


悪い評価があってこその良い評価

他のお客様がサービスを選ぶ時に参考にしてもらうのが、口コミの本来の目的です。

なので「最高です!」「完璧でした!」などの評価が並んでいても、全く意味がありません。

良い評価が10件あれば、1件ぐらい悪い評価があるのは自然なことです。

逆に良い評価しかなければ、それが恣意的にコントロールされた内容であることを、お客様はすぐに見抜きます。

自社の信頼性が落ちるのではと焦る気持ち、後から弁解できない悔しい気持ちは分かりますが、

いちいち過敏に反応して、削除していくと、逆にお客様の信頼を失ってしまいます。

世の中のすべての人に愛されることは不可能です。

実際、少々悪い評価があっても悪影響はありません。

個人の主観を広い心で捉えましょう。


お客様は素人

当たり前のことですが、ほとんどの場合、お客様は作業に関しては素人です。

素人だからこそ、プロに依頼をしています。

「お客様が口コミに○○と書いているが、お客様が分かってないだけ。うちはしっかり作業した!」

というような訴えをしてくる方がいますが、これは口コミを削除すれば解決することでしょうか。

お客様の立場に立って、作業について説明してあげるのも、プロのサービスではないでしょうか。

特に作業後のトラブルは、口コミの投稿とタイミングがかぶることが多いため注意が必要です。

「○○や○○などの問題が起きることがありますが、連絡をもらえれば、すぐに対応できますよ。」

ひとこと伝えておきましょう。お客様は安心してくれるはずです。


それでも、これは削除してほしい!

冒頭でも書いたように、明らかなガイドライン違反は削除されます。

ガイドラインに違反する口コミが投稿されたら、コンサルティング部[support@curama.jp ]までメールでご連絡ください。

 

 

 

Powered by Zendesk