第31回 口コミ時代(3)

口コミ時代はくらしのマーケット出店者にとって有利にはたらくのでしょうか?

 

今まではお金をかけてメディアを使う事でモノやサービスが売れる時代でした。

しかし、私たち消費者が評価の主導権を握るようになったので、消費者の厳しい評価がストレートに下される時代になりました。

 

これは出店者の皆さんにとって有利な時代がやってきたことを意味しています。

 

 

今までは、広告を掲載できる大手が圧倒的に有利でした。

また、いい加減な仕事をするお店もサービスを頼むまでは分かりませんでした。

 

しかし、今は大手のように大規模な広告を出せない小さなお店でも、良いサービスを提供していれば利用したお客様がリアルな評価をしてくれるようになったのです。

また、お客様も口コミを見てお店を選べるようになったため、いい加減な仕事をするお店は淘汰されるようになりました。

 

皆さんの仕事に対する真摯な姿勢がお客様によって正当に評価され、日本中の人に知られるようになりました。

素晴らしいサービスを提供している個人事業主や中小企業にとって、こんなやりがいのある時代はないのです。

 

         「乗るしかない!このビッグウェーブに!」 

 

 

では、皆さんが口コミ時代を生き抜くためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

それは、口コミを集めることに尽きます。

 

お客様に予約される安心感のあるお店ページを作り、

お客様が感動するようなサービスを提供し、

お客様からの口コミをもらうのです。

 

口コミで重要なのは「」ではありません。

重要なのは「」です。もちろん、「」も大切です。お客様からの質の高い賛辞はそのサービスや店舗に多大な影響を与えます。

しかし、いくら素晴らしい賛辞をいただいても、それがたった1件だけだと効果はほとんどありません。「こんなに褒めて...どうせ、ヤラセだろう。」こんな風に思われては逆効果になってしまいます。

 

以前にもお伝えしましたが、どんなに素晴らしい賛辞が1件あるよりも、少しのお褒めの言葉が100件あることに価値があります。多くの口コミが集まる事によって口コミは客観的な評価となるのです。

また、100件もの口コミが集まることが、そのお店が多くのお客様から支持されている何よりの証拠となるのです。

 

口コミを意識していなかった方は、今日から口コミを集めましょう。

Powered by Zendesk