第13回 たった一言、◯◯を書くだけで売上がアップする!?(2)

前回の続きです。

 

ここに、悪い例と良い例を比較できるようにしたので確認しましょう。

 

これはあくまで例に過ぎませんが、

実績はいかに具体的であるかが重要です。

 

そして、具体性を感じる要素として、

「数字」や「固有名詞」があります。

 

もちろんお客様はキャッチフレーズに数字や固有名詞があるかどうかでお店を選んだりはしません。

しかし、お客様はお店ページの情報でお店を判断するため、意識をしているわけではありませんが

モヤっとした表現ではなく具体的に実績を書いているお店を選びます。

 

 

お店ページで一番重要なのは「安心感」の演出です。

 

つまり、具体的な数字は安心感の根拠というわけです。

 

ですから、予約を増やすためにより具体的な実績を書き「安心感」を演出しましょう。

 

 

 

まだ、実績を書いていない出店者の方は今すぐ、

 

基本情報の「キャッチコピー」もしくは「店舗概要」を編集しましょう。

 

たった一行で確実に予約が増えます。

 

 

次回は具体的に自分のお店で何を書けば良いのかを考えましょう。

 

続きはコチラ⇒第14回 たった一言、◯◯を書くだけで売上がアップする!?(3)

 

Powered by Zendesk