第16回 他人の信用を借りると売上がアップする!?(2)

            

 

前回に引き続きプレモル成功の立役者について考えてゆきます。

 

2005年に何があったのか?

 

2005年、プレモルは「モンドセレクション」のビール部門で最高金賞を受賞したのです。

これは日本企業初の快挙でした。

 

CMで矢沢永吉さんが「最高金賞のビールで最高の週末を。」と言ったのはこの年からなのです。



では、モンドセレクションとはいったい何なのでしょうか?

 

モンドセレクションのホームページにはこのように書いてあります。

「1961年の創設以来、モンドセレクションは消費生活製品を評価し、品質に応じ銅、銀、金および最高金賞と言った優秀品質賞をそれらの商品に授与することをミッションとしています。これら優秀品質賞は、完全に独立した専門家によって評価され、その高品質を表彰するラベルであり、消費者ならび生産者にとって様々なメリットのある賞と認識されております。」

 

今ではプレモルをきっかけに有名になったモンドセレクションですが、

当時どれだけの人がモンドセレクションを知っていたでしょうか?

           

おそらくあの時ほとんどの人はモンドセレクションが何であるのか知らなかったはずです。

 

しかし、モンドセレクション最高金賞という箔がついたことで

多くの人が知名度も実績も無かったプレモルに注目したのです。

 

ここで大事なことは三点あります。

 

一つ目はサントリーは自ら「素晴らしいビール!」をうたったのではなく、

モンドセレクションという

他者からの客観的な「素晴らしいビール!」の称号を得て、

それが消費者の心を動かしたということです。

 

二つ目はモンドセレクションというありがたい賞は、

当時ほとんどの人がその意味を知らなかったのにも関わらず、

多くの人がその権威を信じたということです。

 

三つ目はプレモルが購入した消費者の期待を裏切らない美味しいビールであったことです。

 

では、このプレモルの成功をくらしのマーケットのお店ページでどのように活かせるのでしょうか?

続きはコチラ⇒第17回 他人の信用を借りると売上がアップする!?(3)

 

 

 

 

Powered by Zendesk