第50回 『人は第一印象で決まる』『人は見た目が9割』って本当ですか?

見た目は大事

人は第一印象で決まる』とか『人は見た目が9割』ってよく言いますね。

実際に『人は見た目が9割』という題名の書籍も発行されています。

 

その本によると、見た目を構成するものは

顔つき、仕草、目つき、匂い、色、温度、距離等、言葉以外の全てとあります。

 

実は不安なお客様

くらしのマーケットのお客様の多くは

はじめてインターネットで出張訪問型サービスを頼むお客様です。

 

気を悪くしないでいただきたいのですが、

お客様は出店者の方を怖がっている場合があります。

 

特に不用品回収業者というと

おっかないオジサンが来るのではないか…

見積りとは違う料金をふっかけてくるのではないか…

というイメージがあり

中々頼めないというお客様が沢山います。

 

実際にこういった口コミを目にします。

ネット上でお客様に安心してもらうには?

だからこそ、

そのようなイメージを払拭するために、

お店ページやサービスページに

「理念」を書き仕事への真摯な思いを伝え、

「顔写真」を掲載し安心感を演出する必要があるのです。

 

しかしここまではあくまでネット上(=集客)での話です。

 

実際に伺った際(=接客)の印象が悪ければ

安心感のあるお店ページも台無しになってしまいます。

 

現場でお客様に安心してもらうためには?

では、現場ではどうすれば良いのか?

 

第一印象は何よりも大切です。

そこで、最初のご挨拶から差をつける方法があります。

 

それが「名刺を渡して丁寧にご挨拶をする」です。

 

実に当たり前のことをお伝えしましたが、

これが大変重要なのです。

 

今後の宣伝のために名刺を渡すのではなく、

第一印象を良くするために名刺をお渡しするのです。

 

私が言っていても説得力が無いので、

お客様の声を御覧ください。

つまり、

失礼な言い方ですが、

お客さんの期待値はある意味では普通の接客業以上に低いのです。

 

でもこうした傾向は貴方にとってチャンスなのです。

 

<名刺を渡して第一印象からスタートダッシュ!>

そのような期待値だからこそ、

初対面の挨拶で名刺を渡すことで

お客様の中での認識とのギャップが生まれ

「凄くちゃんとしている人だ!」という印象になるのです。

 

するとその後のコミュニケーションも円滑におこなわれ、

サービス以上の満足感を覚えるのです。

 

他にも、お客様の視点に立って、

服装や頭髪、しゃべり方などの「見た目」に気を配ることも重要です。

 

お客様の視点に立てるか否かが、お店の運命を大きく左右します。


是非、身だしなみを整えて、最初のご挨拶とともに名刺を渡しましょう!

Powered by Zendesk