第67回 【相談】予約が入りすぎて管理できません!

店長「予約が入りすぎて管理できません。今月は予約でいっぱいなのに、忙しい時に限って沢山の予約が入ります。全部キャンセルのメールをするのも手間がかかるし、予約してくれたお客様にも申し訳なくて…。どうしたら良いですか?」

 

田島「現在のところ、くらしのマーケットに自動予約管理システムはありません。しかし、お店ページやサービスページに予約可能時期を書くことで、予約時にお客様が予約可能な日程であるかどうかを確認することができます。他にもブログを使ってブログに予定を書くこともできます。

最近のトレンドとしては、お客様がサービスページを見比べていることに注目し、『サービス名』に予約可能時期を書くケースが増えています。

 

<サービス名>

【4月1日以降のご予約限定】エアコンクリーニング消臭抗菌コートつき!

 

こんな感じです。

この画像を見て下さい。赤い枠で囲ったものがサービス名です。お客様は地域やサービス名を打ち込んで検索エンジンからくらしのマーケットに流入した後、このページでサービスを比較します。サービス名は大きく表示されるので、ここに予約可能時期を書けば一目瞭然ですね!

こうすることで、予定の合わないお客様をフィルターにかけることができます。つまり、店舗が予定の合うお客様を選ぶことができるようになるわけです。」

 

店長「なるほど!じゃあ、逆に大口のお客様がキャンセルされたりして、ピンポイントに埋めたい日程がある場合はどうすれば良いですか?」

 

田島「その場合は、同様にサービス名に埋めたい日程を書き、そこで予約をすると通常より安くなるとお客様にとってのメリットを書くと良いでしょう。さらに限定2組!と限られたサービスであることを書くことで予約が入りやすくなります。しかし、この方法をおこなう場合にはその日程以外の予約が入りにくくなるので注意が必要です。また、どちらの手法も更新を怠ると予約そのものが入らなくなります。

例えば、先ほどの

<サービス名>

【4月1日以降のご予約限定】エアコンクリーニング消臭抗菌コートつき!

の場合、5月1日になっても同じことが書かれていたらお客様はどう思うでしょうか?」

 

店長「このお店の人はこのサイトのお店ページを運営していないんだなと思うでしょうね。」

 

田島「そうですよね。お店ページを運営していないようなお店には予約をしません。普段、レストランやブティックに入る時もお店の人が見えないお店には入ろうとしないですよね。それと同じです。なので、常に更新時期に注意しなければならないという点で、手間のかかる手法ですが、お店の予約日程を管理する上では効果的な方法なので是非ご検討下さい!」

 

Powered by Zendesk