第49回 貴方は「プロ病」ではありませんか?

くらしのマーケットのお客様は

各店舗のサービスの内容を見比べて予約をします。

貴方はサービスページの文章をお客様が理解できるように心がけて書いていますか?



<小学生でも分かるように>

サービス業ではよく「小学生でも分かるように…」というフレーズを使いますね。

 

なぜ、このような人を馬鹿にしたようなフレーズがあるのでしょうか?


それは、ほとんどの人がお客様の知性を高く見積もってしまうからです。


私は「お客様には知性が無い」と言っているわけではありません!

 

お客様の普段の知性は高いです。

 

しかし、人は様々な問題を抱えています。

仕事、人間関係、お金、家族…

 

人生は問題の連続です。

 

そのため、お客様の脳の容量の99%はすでに使われてしまっているのです。

 

そう考えると、

お客様の脳の容量は1%ですから

 

小学生でも分かる文章で伝えなければ、

お客様の心をつかむことはできません。

 

どんなに素晴らしいサービスであっても、

分からないものには手を出せません。

 

<貴方はプロ病かもしれない>

ところが、その道のプロは

難しい業界用語や言い回しであっても

毎日使っている言葉なので、

「お客様はそのくらい分かっているはずだ!」と勘違いをするのです。

 

プロならではの病、「プロ病」です。

 

くらしのマーケットで皆さんが使っている言葉にも

このような「プロ病」があるのです。



1.ハウスクリーニング編

 

ドレンパンまでキレイにします!」

 

これでサービスの内容を理解できるお客様はどれだけいるのでしょうか?

混乱させるのであれば書かないほうが良いですよね?

 

こうしたらいかがでしょうか?

 

「ドレンパン(エアコン内部にある冷却水の受け皿)までキレイにします!」

 

このように( )の中に簡単に説明を入れるだけでも

お客様の印象は大きく変わりますね。

 

この他にもくらしのマーケット内には

お客様にとって分かりにくい業界用語がありました。空調関連の用語は難しいですね。

 

・ドレンパン

・アルミフィン

・熱交換器

・冷凍サイクル

・ルーバー

・シロッコファン



2.不用品回収編

 

コンパネで90cmまで積み放題です!」

 

コンパネという言葉の意味を知らなかったら何のことか分からないですよね…。



「コンパネ(アオリ)で90cmまで積み放題です!」

 

先ほどのように( )に別の言葉を入れましたが説明になっていません。



こうしたらいかがでしょうか?

 

「荷台の側面にコンパネ(木の板)を立てて90cmの高さまで積み放題です!」

 

これでやっとイメージができるようになりました。

 

このように文章で説明しにくい内容は

写真で実際にコンパネを立てた状態の荷台を見せることで

お客様がイメージしやすくなります。

 

他にもこんな言葉がありました。

 

・コンパネ

・アオリ

・平ボディー

・パワーゲート

・半tトラック

 

今回は皆さんが普段何気なく使っている言葉について確認しました。



他にも「プロ病」と言える、

サービスの価値が伝わらない文章はたくさんあります。

ネットでの集客は

サービスが本来持っている価値をお客様に伝えられるかどうかがカギです。

 

もう一度、お店ページやサービスページを見直して

「小学生でも分かる」文章で説明し売上を伸ばしましょう!

 

Powered by Zendesk