第54回 何が何でも4時間50分以内に!

7時間40分と4時間50分。

何の平均時間だか分かりますか?

 

これは、

予約の申し込みが入ってから

出店者が最初にお客様にメッセージを返すまでの平均時間です。

 

7時間40分とは、

予約が最終的にキャンセルになった場合の

出店者が最初にお客様にメッセージを返すまでの平均時間です。

 

4時間50分とは、

予約が最終的に作業完了になった場合の

出店者が最初にお客様にメッセージを返すまでの平均時間です。



お客様から予約の申し込みが入りますね。

でも、この時点では予約は確定していません。(仮予約状態)

出店者が予約申し込みを受けて初めて予約は成立します。

 

しかし、予約の申し込みは入ったけど、

予約確定前にキャンセルになる場合や、

予約確定後、最終的に予約がキャンセルされる場合が多々あります。

 

それはひとえにお客様へのメッセージの返信が遅すぎたからなのです!

最初の返信(ご連絡)が早ければお客様は安心して作業をお願いする一方で、

最初の返信(ご連絡)が遅いと不信感からキャンセルに繋がってしまうのです。

こうしたことからも第一印象の大切さがうかがえます。

 

このデータの結論を簡単にまとめると、

予約の申し込みに対するメッセージの返信が

遅ければ予約を逃す。

早ければ予約を獲得できる。

ということになります。

 

この4時間50分という時間はあくまで平均時間ですからこれに安心してはいけません。

返信は早ければ早い方が良いわけです。

素早い対応はネット集客に欠かせないことなので

是非、予約の申し込みが入った場合には素早く返信して予約を獲得して下さい。

 

今回は至極当たり前のことをデータに出してお伝えしましたが、

実はデータを調べていくとこの他にもメッセージ上でのやりとりで気をつけるべき点を発見したのです!

続きは次回に!

第55回 全キャンセルの10件に1件が…

Powered by Zendesk